FC2ブログ
車イスユーザー向けのバリアフリーナビ【くるナビ】
約50年車イスを使用している僕が、普段困っている「ナビシステムの未発達の部分」を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(株)ゼンリンの東京支店へ行ってきた。
(株)ゼンリンの東京支店へ行ってきた。

メールや手紙、電話だと僕の思いが伝わり難いと考え、この話をする時は出来るだけ実際に会って話をすることにしている。
今日はその一歩としてゼンリンに行ったわけだ。
本当は、本社に行きたかったが、調べてみると本社は福岡に在るらしい。さすがに福岡の本社に行くのは無理なので、東京支店へ行くことにした。

行程についてはまた書くので、今回はゼンリンの支店での事を書こうと思う。


まず考えたのが、前もって電話をするかどうかという事。前もって電話をすると、「担当部署が~」とか、「上に聞いてから~」とか、「あっち行って」とか言われるかもと考え、今回はアポ無しで行ってみた。断られたら断られたでその時改めてアポを取ろうと思っていた。

いろいろ自宅で準備をしていたら思っていたより到着が遅れてしまい、14時30分過ぎになってしまった。8階建てのビルがほゞすべて(株)ゼンリンだった。

入り口近くに受付の人は居らず、「御用の方はこちらへ」と書いた張り紙があり、内線専用であろう電話機と、担当部ごとの内線番号が書いてある紙が有るだけだった。

いろいろ有る部署の中で、どこに話を持って行ったら良いのか、迷う部分はあったが、ここで迷っていても始まらないと、『経営戦略室』というところに内線を入れてみた。あわよくば、活動を薦めていく上での戦略的な事もお話し出来るのではと思ってのことだった。

すると、女性が出られたので、今の地図やナビのシステムなどについてお話しをさせて頂きたい旨を話したところ、『どのような事でしょうか』と説明を求められた。

そこで、僕の考えの概略を話したところ、『5分~10分で良ければうかがわせていただきます。』という事だった。そこで、ロビー内にある面談ブースで話させて頂けることになり、大急ぎで名刺とノートPCを準備して女性が来るのを待った。

1分ほどしてエレベーターから現れた女性は、いかにもキャリアウーマン的な感じだが、決して冷たい感じではない、本当に好感の持てる女性だった。

名刺を交換すると、女性は、リーダー的な立場の方だった。(個人情報につながる恐れがあるので役職名、氏名は控えます)

ノートPCで、僕がワードで作った企画書をお見せしながら話したところ、しきりにうなずかれ、僕が企画書に[予算]の項目を立てているのをご覧になり、「予算までちゃんと考えていらっしゃるんですね」と言って下さった。

最後までご覧になると、『折角なので送って下さい』という事だった。で、帰りに近くのカフェによってコーヒーを飲みながら、ノートPCからメールで送らせて頂いた。あとは、『経営戦略室』が、(株)ゼンリンがどう読み取って、どう活かしてくれるか、見守りたいと思うし、企画に関わらせていただけるなら、大いに関わらせて頂こうと思う。



本当に短い時間だったが、僕は僕なりに思いの丈をぶつけられたので、少々緊張はしたが、心地の良い疲労感に今包まれている。



今日はもう寝る。 おやすみ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

copyright © 2019 車イスユーザー向けのバリアフリーナビ【くるナビ】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。